月別アーカイブ: 2018年7月

配食のふれ愛 長崎市北店の役割

配食のふれ愛と他の配食サービスとの違い

・契約農家と唯一の自社工場がある事

 

配食のふれ愛 長崎市北部店は新鮮な食材が自社工場から送られてきます。

しかも、冷凍では無くチルドパックで送られてくる食材も豊富にあります。

私が知る限りの現存する配食サービスは、全て冷凍で店舗へ発送されます。

冷凍を解凍すると、特に麺類や豆腐等、本来の食感や味わいが悪くなります。

それではいくら努力しても、美味しい食材は生まれません。

「安いから」と言う事で配食する所が多いのは事実です。

少しでも高くとも、美味しい食材を使用した料理を食卓へお渡しする事が私たち配食のふれ愛のモットーです。

配食のふれ愛 長崎市北店の他のサービス

・配食のみを淡々とこなせば、それなりの利益も出ます。

しかし、それだけでは将来迎える超高齢化社会には対応が厳しいでしょう。

私自身もケアマネジャーをしておりましたが、今後の介護保険制度も益々厳しくなってきております。

そこで、私達配食のふれ愛長崎市北部店では、お弁当を届ける際に「3分間無料サービス」があります。

お弁当は基本手渡しで、しかも3分程でお手伝い出来る事を行うというものです。

例えば、服薬確認や郵便物を手渡す事等出来る事はするという画期的なサービスになります。

これら、サービスを融合する事で、「配食のふれ愛 長崎市北部店」の強みだと自負しております。

又、担当のケアマネジャーさんやご家族様へ情報提供を必ず行います。

私達、配食のふれ愛長崎市北部店は、地域に密着したサービスを提供する事で、昔ながらの「お隣さん」のような役割を少しでも担えればと考えております。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

☎095-807-6309

お待ちしております。

 

配食のふれ愛 長崎市北部店オープン!!

配食のふれ愛 長崎市北部店の良さ

高齢者向けのお食事を提供致します

・この度、平成30年6月25日にオープン致しました!

オーナーであり、実際に利用者の方々へ美味しいお食事を届けるという重要な役割を担う事となりました。

オーナー兼店長の、前田 裕と申します。

私は、今まで16年間「介護」に携わる仕事をして参りました。

そこで得た知識は素より、利用者様と、もっと身近に携わりたいと考え、介護保険外の自費サービスにて高齢化社会を迎えている日本、近隣の皆様の助けに少しでもお役に立てればと思い開業致しました。

ただの配食サービスでは無い

・私は、今まで施設で介護福祉士として認知症高齢者を主に介護という仕事で現場経験を積んできました。

そして、在宅生活を送る高齢者様のケアについて学び、少しでもお役に立てればと思い、ケアマネジャーを7年程してきました。

又、グループホームや小規模多機能、居宅介護支援事業所を一括するセンター長としても介護に精通してきました。

これら、経験と知識をもって、正看護師である母と事務のベテランである妹と、この度、「配食のふれ愛」を立ち上げました。

冒頭で申した通り、ただの配食サービスでは無い理由があります。

それは、先ほども申した通り、ケアマネジャー・正看護師という体制で、配達した利用者様の健康状態やケアマネジャーへの情報提供を細目に専門性を持ってして、暖かく、親身なサービスを提供したいと感じたからです。

配食のふれ愛 長崎市北店のこれから

・今後、長崎市北部エリアを中心に、ケアマネジャーや、地域の方々と緊密な関係を築きながら、高齢者の方々を支える力に少しでもなりたいと考えております。

今後とも、配食のふれ愛 長崎市北部店をどうぞよろしくお願い致します。