「ふれ愛ブログ」カテゴリーアーカイブ

味が薄いと感じるから試食でダメなパターンをご紹介

こんにちは!

配食のふれ愛 長崎市北部店です。

高齢者向け配食サービスでの試食でよく言われる言葉があります。

それが「味が薄い」

これに尽きます。

何故、こんなことが起きるのか?

試食でダメだったことでケアマネさんに「あの配食サービスは不味い」と思って欲しくないので今回記事を書いていきたいと思います!

配食サービス事業者は塩分控えめの健康食を提供している

高齢者向け配食サービスは殆どの店舗さんが行政からの指定配食事業者です。

そんな指定配食事業者は、塩分控えめな健康食であることが必須なんですよね。

そして、安否確認を行うということが条件なんです。

なので、塩分控えめの健康食を提供しているんですね!

高齢者の多くが塩分制限を受けている方が多い

配食のふれ愛 長崎市北部店も塩分控えめな食事を提供しています。

味を濃くするには塩分を増加させる他ありません。

しかし、味が濃い食事は様々なリスクを伴います。

それが高血圧が多い高齢者さんの脳梗塞や心疾患という方々が多い中で、塩分制限があるのに塩分濃度が高い配食サービスは「健康的な食事ではない」ということになりますよね!

いくら内服薬を服用していても、そもそも「食生活から見直すこと」が1番だということなんですね。

なので高齢者向け配食を展開する、配食のふれ愛長崎市北部店でも平均塩分3gでの食事を提供しております。

配食のふれ愛長崎市北部店は味の深みを追求しています

配食のふれ愛長崎市北部店がこだわる味の深みとは?

それは「塩分制限をしつつも出汁にこだわること」を最優先で配食しております!

薄味だと感じながらも、何日も炊いたような出汁を加えることで味の深みを追求して「美味しい」と感じて頂ける事を大切にしているんです。

急に1食だけの試食では解らないところです。

せめて、1週間は食べて頂けると深い味わいが実感出来るでしょう。

私自身も昼食で食べていますよ!

これまで醤油や塩分を多く使用した食事内容の高齢者さんへの健康食1回の試食では「不味い」と感じるでしょう。

せめて、1週間配食のふれ愛長崎市北部店の食事を堪能して頂きたいのが本望です!

つまり、味覚を健康食で美味しいと感じて欲しいという事です。

配食のふれ愛長崎市北部店では個人に合わせた配食をしております

配食のふれ愛長崎市北部店では、基本的にメニューがありません。

他の配食サービスは高齢者向け配食サービス事業者では、アレルギーがない限り同じお弁当を提供しています。

しかし、配食のふれ愛長崎市北部店の特徴として「利用者さんの好みの食事内容と栄養バランス」を考慮しております。

例えばの例ですが、お魚系が好みの方へはメイン食材を魚にしたり肉系が好みの方へは肉系の配食をしております。

勿論、毎食ではないので健康的な食事内容で提供しております。

なので、薄味ながらも深みのある味わいの好きな食材を個別に提供する事を基本としております。

このようにして、個人に合わせた配食サービスを配食のふれ愛長崎市北部店ではコンセプトにしているところが他社の配食サービス高齢者向け配食サービスとは大きな違いです。

恐らく、長崎市では唯一な配食サービス高齢者向け配食サービスだと思います。

私もですが、苦手な食べものを無理やり食べたくはありませんよね!

なので例えばの例ですが夫婦で配食のふれ愛長崎市北部店をご利用の高齢者さまに関しては同じ2食のお弁当を配食しますが1つはお魚をメインに、もう1つは肉系をメインにという感じでお互いが食を楽しめる配食サービスを心掛けております。

これは「食の楽しみ」を感じて欲しいからなんです。

このように高齢者向け配食サービスも「ただのお弁当屋さんではいけないと感じる」んです。

こんな、配食のふれ愛長崎市北部店を是非お試し下さい。

私たちが出来る健康的な食の提供を惜しみなく「ありがとう」と言われる高齢者向け配食サービスをこれからも考えていきます。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

配食のふれ愛長崎市北部店が目指すものとは?

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店の店長兼オーナーの前田裕です。

最近、暑くなってきましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?

私共、配食のふれ愛長崎市北部店では沢山のご紹介を頂いており高齢者さんの生活に置いて必要不可欠なインフォーマルサービスとしてようやく認知されてきたかなと考える今日この頃です。

私自身、介護経験が20年程ありますがこれは自慢でも何でも無いです。

ただ、介護福祉士や介護支援専門員、介護センター長として今まで歴任してきてとても考えたことがあります。

介護を知り尽くしたと考えているのは間違い

そうです。

いくら、介護福祉に携わり様々な資格や研修を修了してきても解らない問題があります。

それが「認知症介護」です。

認知症を完全に治癒する薬は未だに開発されていません。

進行しないように制御する為の薬はあります。

しかし、根本的に何でも薬で解決できないのが認知症という厄介な病気です。

それをどうにか対症療法のように日頃から介護支援をすることが介護職や看護師には求められます。

これに似たのが「うつ病」のような精神疾患です。

私はとある精神科医へ聞いたことがあります。

「うつ病が治る薬はありますか?」と。

そして、はっきり言われたことが「それは無い」という回答でした。

確かにと私自身も感じました。

抗うつ薬は多数存在するものの、完全に治癒することに至らない方が大半なんですよね。

そこで、気分の波を緩やかに、そして少しでもやる気が出るように処方されるのが抗うつ薬だと。

これは認知症患者へ投与されるアリセプトやメマリーのような進行を遅らせたり、徘徊を抑えるくらいのことしか薬剤としてはこれが限界なんです。

では、認知症の方への配食サービスに在り方とは?

私たち、配食のふれ愛長崎市北部店では「ただお弁当を配食する」という考え以上のことを日々勉強させられながら考えています。

いわゆる、安否確認以上のことも行います。

例えば、ベッドで寝たきり状態の方へ「はいお弁当です。ありがとう御座いました」で立ち去ることが出来ますか?

または、認知症が重度の方へ「はい、お弁当です。食べてください」で立ち去ることが出来ますか?

20年ほど介護福祉という分野で働いてきた私や、精神科病棟で40年も働いてきた正看護師が今配食サービスを展開していますが、職業柄としてそれは出来ないんです。

何かしらリスクがある方へアプローチを考えてしまいます。

なので、私たち配食のふれ愛長崎市北部店は配食する本人以外の関係者さんの連絡先を必ず聞きます。

そして、配食している上で必要な情報や転倒・急死のリスクがある方については配食時に手渡し出来ない場合はキーパーソンやケアマネへ直ぐに連絡するようにしております。

インフォーマルサービスとしての高みを目指すことで、介護福祉へ貢献出来る喜びや共有が必要不可欠だと感じるからです。

こんな、配食サービスを行う「配食のふれ愛長崎市北部店」をどうぞ宜しくお願い致します。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました。

配食のふれ愛長崎市北部店のお弁当は冷凍ではありません

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店です。

最近、よく聞くのが「冷凍状態のお弁当では無いですか?」という事です。

私たち、配色のふれ愛長崎市北部店では常温でのお弁当を配食しております!

冷凍カチカチのお弁当配食の欠点が冷凍庫がパンパンになる事です。

そして、安否確認が毎回の配食時に出来ないというデメリットが多いんですね。

それでは、本来の高齢者向けお弁当はこれからの超高齢化社会では意味がないと感じます。

毎食、お弁当を手渡しで渡す事で高齢者さんの健康状態が解るんですよね!

配達員はケアマネ資格所持者と看護師というのが、配色のふれ愛長崎市北部店の強みでもあります。

健康的な食事が日頃の体調を左右します

配色のふれ愛長崎市北部店では、低塩分で必須な栄養価を計算してお弁当を配達しています!

何故ならば、高齢者の方々は高血圧や心疾患を患っていることが多いからです。

そこに、濃い味の塩分過剰摂取を続けるとどうなるのか?

いくら、服薬していても基本的な食生活をしっかりしていないと体調の変化を左右するでしょう!

塩分過多ほど怖いものはありません。

これは若い世代でも同じことが言えるんです。

例えば、毎日出前やコンビニの食生活を送っていたら健康ですか?

違いますよね!

そこで、私たち配食のふれ愛長崎市北部店では基本的な食生活の改善を提供している訳です。

そして、冷凍では無いお弁当を配食しています。

冷凍のお弁当を解凍すると、そうとうな水分が出てべちゃべちゃなお弁当が完成されてしまいます。

そんなお弁当、食べたいと思いますか?

私ならノーです。

そこで、常温での配食サービスを配食のふれ愛長崎市北部店では提供しております!

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました。

高齢者向け配食サービスで塩分控えめは配食のふれ愛長崎市北部店

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店です。

介護保険大改正もあり、これからインフォーマルサービスとして高齢者向け配食のふれ愛長崎市北部店も担い手になれればなと考える毎日です。

もうすぐ配食のふれ愛長崎市北部店も開業して3周年を迎えます!

今まで高齢者向け配食サービスをご利用頂いた高齢者さんや、今も配食のふれ愛長崎市北部店をご利用して下さる方々へは感謝しかないです。

私達、配食のふれ愛長崎市北部店は塩分控えめな健康食を基本に薄味ながらも、深みのある配食を心掛けております。

(塩分を平均3gに抑えながら下味に出汁を染み込ませて味付けしております)

[まごころケア食]もご好評を頂いております!

このように、健康食という意味も高齢者さんへの塩分控えめな配食サービスを続けていくと様々なご意見を配食している高齢者さんから頂きます!

本当にありがたい限りですよ。

味は薄味だけど食べ慣れてくると下味がしっかりしている

配食のふれ愛長崎市北部店では、介護福祉士・介護支援専門員・正看護師がメインで配食しております!

もちろん、健康食として「塩分控えめな薄味な食事をです!」

1食目は無料試食可能ですが、是非1週間食べてみて続けるかを考えて頂けると嬉しいですね!

そうしないと、本来の配食のふれ愛長崎市北部店の高齢者向け配食の「本当に旨味は解らないと思います」

これは基本としながらも配食のふれ愛長崎市北部店では、毎回配食しながらも利用者さんの健康状態や困りごと・精神状態を観察することを徹底しております。

配食は基本であり重要なことは安否確認です

配食した際には、利用者さんの表情や声色をしっかりと観ることを基本的に行っております!

いわゆる、安否確認を基本として延長線上として「在宅生活が普通に出来ているかを観ること」ですね。

ケアマネさんもこの辺りは重要視していると考えます。

私自身も居宅ケアマネ管理者をしていたので、気になるんですよね!

最近多い、玄関先に冷凍のお弁当を置いていって「安否確認を行わない」と言うこと自体に違和感さえ感じますからね。

それって、ただの営利目的だけなんですよね!

(同じ配食事業者をバカにしている訳ではありません)

と言いたい訳です。

介護や看護に精通してきた私達、配食のふれ愛長崎市北部店は、利用者さんの変化や悩みがあれば家族や担当ケアマネさんへ適宜連絡・相談を大切にしています。

何かあれば、見過ごせないのが職業病なのかもしれませんね!

安否確認込みで配食サービスを展開することが、配食のふれ愛長崎市北部店の強みです!

配食のふれ愛長崎市北部店はこれからも高齢者様の為に配食します!

たかが高齢者向け配食サービスと考える方も多いのですが、最近では「本当に助かります」と言うお言葉を頂けることが増えてきたことに感謝しかないですね!

最近、配食のふれ愛長崎市北部店はとある長崎市の地域包括支援センターさんから情報を地域の高齢者さんへ発信したいと言うことで情報提供をしました。

本当にありがたいなと感じました。

これからの時代、社会保障費も圧迫されているこの世の中で介護保険外サービス(インフォーマルサービス)の需要が高まっていると言うことなんですよ!

そこで、配食のふれ愛長崎市北部店が活躍出来れば嬉しい限りですね。

介護福祉という分野で「やりがい」を感じる瞬間です。

なので、高齢者様の為に「配食のふれ愛長崎市北部店」は頑張り続けますよ!

高齢者向け配食サービスは様々な法人や専門業者さんがいますが、私たち配食のふれ愛長崎市北部店はその上をいく介護福祉・看護という側面で頑張り続けます。

それだけ、地域の在宅高齢者介護へ精通する配食サービスでありたいと常に考えて塩分控えめな健康食をお届けしながらも、福祉の精神で頑張っていけたらなと考えております!

私も、常に勉強という精神で高齢者向け配食サービスを展開していきます。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

[お弁当]長崎市北部店の高齢者向け配食が好評です!

こんにちは!

配食のふれ愛 長崎市北部店です。

最近、暖かくなってきましたね!

ずっとブログを更新出来なくて済みませんでした!

3月頃から、「配食のふれ愛長崎市北部店」は注文が殺到しております。

本当に嬉しい限りです。

塩分控えめ(平均3g以下)の健康食として下味をつけて深みのある高齢者向け配食をモットーに頑張っております!

新型コロナの影響もあり、私たち高齢者向け配食サービスは良いサービスだとプロとして毎日切磋琢磨している所存です!

これからも、皆さまに「ありがとう」を頂けるように頑張っていきたいと思っております。

長崎市北部地域の配食で地域貢献をしたい!

配食のふれ愛長崎市北部店は、配達職員が「介護福祉士・ケアマネジャー・正看護師」のメンバーで配食をしております。

そこで1番大切にしている事が「安否確認とお声かけ」なんです。

そして、地域包括支援センターへもご挨拶をしながら「地域貢献」が出来ればと考えております!

もちろん、居宅介護支援事業所のケアマネジャー様へも、配食のふれ愛長崎市北部店を知って頂けるように頑張っていきたいと感じております。

長崎市はすでに超高齢化社会へ突入しています。

そこで、今まで培ってきた介護の在り方や知識・経験・ご提案をしていける事が使命だと痛感している所存です。

高齢者向け配食サービスで1番大切な事

高齢者向け配食サービスを展開している「配食のふれ愛長崎市北部店」ですが、1番大切な事があります。

それは、直接手渡しで配食する事を基本としている事です!

そこで、配食のふれ愛長崎市北部店をご利用して下さる高齢者さんとの「会話」を重要視しています。

高齢者向け配食サービス事業者にも、お弁当を渡して直ぐさま次の配達へいく配達員が多い事をご存知ですか?

私から言わせると、それは超最低限な安否確認にしか過ぎないのです。

たかが高齢者向け配食サービスという「ただのお弁当屋さん」ではいけないと感じています。

1番大切な事は、どんな内容でも良いので利用者さんとの会話や笑顔をお届けする事が、これからの高齢者向け配食サービス事業者の役割だと考えているからです。

そんな会話の中で感じる、何かしらの悩み事や生きがいについて一緒に考える事も結構あるんですよね!

配食のふれ愛長崎市北部店では、そう言う部分を大切にお弁当だけで無く「関係性」を大切にしています。

特に独居の高齢者さんの困りごと等があれば、担当のケアマネジャーさんへの相談をする事も多々あります。

ただのお弁当やさんでは「これからの日本が迎える超高齢化社会の波」を超える支援は出来ないからです。

介護保険サービス(フォーマルサービス)だけでは担えない、配食のふれ愛長崎市北部店ならではの「おもてなし」が伝わっていけると良いなと感じております。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

長崎市の通所系サービスに変化がありましたね!

こんにちは!

配食のふれ愛 長崎市北部店です。

久々のブログ更新ですみません。

最近、長崎市にも緊急事態宣言が発出されました。

長崎県からの宣言です。

それだけ、長崎市は新型コロナウイルスが市中感染しているからでしょう。

これは、私達「高齢者向け配食サービス」業界にも大きな衝撃を受けました。

しかし、それだけ高齢者向け配食サービスが活躍しなければ、高齢者さんの為にはなりません。

それでは、そんな長崎市において「配食のふれ愛 長崎市北部店」に何が出来るのかを考えていきたいと思います!

今回もよろしくお願い致します。

指定配食サービス事業者だからこそ出来る支援とは?

私達、配食のふれ愛 長崎市北部店は「長崎市指定配食サービス事業者」です。

しかも、異例の速さで指定配食サービス事業者へ登録されました。

なんと、開業から半年でなんです。

それだけの高齢者向け配食サービスを展開したんですね!

私自身、介護福祉士とケアマネ、センター長と介護業界で歴任してきました。

それは、介護が大好きなので意地でも高みを目指したかっただけです。

そして、今は「配食のふれ愛 長崎市北部店」を益々ご利用して頂ける高齢者さんに感謝です。

そして、そこまで繋げてくれたケアマネさんや家族さんに感謝しかないです。

どんなに介護の経歴があろうとも、それだけ頼って頂ける事は本当に嬉しくて、高齢者向け配食サービスをしていて良かったなと感じます。

「人へ感謝する事がこんなにも嬉しい事」だとは思いもよりませんでした。

本当に、皆さまありがとう御座います!

これからも、配食のふれ愛 長崎市北部店として出来る限りの支援をしてまいります!

通い系サービスが絞られたからこそ出来る支援とは?

私達、配食のふれ愛 長崎市北部店は、長崎市に緊急事態宣言が出る事を実は知っていました。

ここは、内緒です。

なので、そんな時に出来る介護系サービスが絞られるとなるとどうなるか?

「高齢者さんはフレイルに陥りやすくなります」

フレイルとは?

簡単に言うと、「心身機能が低下していく事です」

これが、もっと深刻化していくと「廃用症候群」となります。

だって、たまにしか行かない通所系サービスだけでは、社会との接点が減る訳ですから。

そこで、配食のふれ愛 長崎市北部店では今までも続けてきましたが、更にしている支援があります。

それが、声かけ支援の延長です。

特に独居生活の高齢者さんへは、「お隣さん」感覚で様々なお話をします。

これ、案外重要です。

人と接する事を制限すると、人は心に余裕が無くなってきます。

人間心理ですね。

そこで、健康的なお弁当は当たり前に、高齢者さんの困りごとや、たわいもない話をして笑って下さる事が、今では必要な支援だと感じるからです。

もしも、そんな会話の中で「あ、かなりフレイルに近いな」と感じたら、家族やケアマネさんへ報告する様に心掛けております。

それでは、配食のふれ愛 長崎市北部店をこれからも宜しくお願い致します!

配食のふれ愛 長崎市北部店のお弁当は健康食です

こんにちは!

配食のふれ愛 長崎市北部店のご高齢者様への配食は「健康食です」

なので、今まで濃口の味わいで食事を食べられていた、ご高齢者様には合わない場合がある程度あります。

しかし、それはもともと理解しておりました。

ご高齢者様は、主に高血圧と言う基礎疾患を罹患している場合が多く観られます。

そこで、配食のふれ愛 長崎市北部店では塩分控えめの健康食で提供させております。

お薬により血圧を下げる事も大切ですが、食生活を見直す方が健康的にも良いと考える為に、配食のふれ愛 長崎市北部店では塩分控えめの配食サービスを展開しております。

ケアマネさんや家族の方々にも、これが当たり前の食生活習慣であると理解して頂きたいですね!

高血圧が原因で脳梗塞を起こすリスクを少しでも軽減出来ながら、出汁2度漬けでの味わいを楽しんで頂ければと考えています。

健康食を食べる事で健康的な生活を

私達、配食のふれ愛 長崎市北部店では「健康食で健康的な生活を」重要視しております。

しかし、土地柄と言いますか醤油をたっぷり使用した、ご高齢者向けへの配食サービスは難しいの一言です。

そんな、塩分多めの生活を何十年としてきた方々へはなかなか健康食が受け入れにくい状況です。

最後は主治医から、減塩食へと変えられてしまうご高齢者様が多く見受けられます。

いきなり、制限食はきついですし食の楽しみが無くなってしまいます。

そこで、配食のふれ愛 長崎市北部店では普通食から徐々に舌を慣れさせていく事が重要だと考えています。

それで、制限食にいきなり移行するよりも、健康的な普通食から始められる事を推奨します。

私たち、配食のふれ愛 長崎市北部店ではそういった食事を提供しております。

健康的な食事に慣れて頂く事も大切ではないかと考えております。

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

配食のふれ愛長崎市北部店の近況情報

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店です。

最近、長崎市でも新型コロナウィルスがまたもや猛威をふるっていますね。

これは、結構ヤバい兆候です。

私もケアマネを6年していた経験が有りますが、高齢者さんの病院や介護保険事業所の控えが起きてしまっては、困る訳です。

こんな状況が続くと、医療崩壊も怖いですが長崎市に在住する介護保険利用者さん達は、死亡リスクが高い為に病院ですら受診

しない高齢者さんが増えている印象です。

正に、毎日配食しているとそういう声を高齢者さんから聞くんですね。

高齢者の廃用症候群を防ぐ介護支援

高齢者の方々が今まで通っていたデイサービスや訪問介護を控える方が配食サービスをしていて目に見えてきます。

私は、高齢者向け配食サービス事業者として病院受診だけは、電話だけでも主治医へ連絡するとか、ケアマネさんへ相談するように常日頃から声かけしています。

配食のふれ愛長崎市北部店では、それが強みだと思い高齢者さんへ配食しております。

しかし、冬と言う感染症が怖い時期です。

高齢者さんもそれは理解してますし、ニュースで東京での新型コロナ感染情報を観ている方も多いので、なかなか難しいのが現状です。

そんな高齢者さんの状況は、日々配食していて感じるものがあるので緊急的な事はケアマネさんや家族の方へ情報提供するようにしています。

そうでもしないと、最悪な想定もしなくてはなりません。

そんな事にならない様に、私たち「配食のふれ愛長崎市北部店」は介護・看護に徹底した高齢者向け配食サービスを今後も注視していきたいと感じております。

もしも、新型コロナが蔓延している長崎県外からの帰省があった場合は、使い捨てのお弁当箱を非接触にて対応致します。

又、配達職員も、感染対策はしっかりしながら、配食先の高齢者さん宅への配食サービスを徹底しておりますので宜しくお願い申し上げます。

配食のふれ愛長崎市北部店は個人的なお弁当を配達しています!

配食のふれ愛長崎市北部店の近況情報ですが、「変わらず全員同じお弁当は配食しておりません」

何故ならば、高齢者さんの好みは勿論、高血圧や透析・糖尿病と言う疾患を患っている方も多いからです。

そこで、高齢者さんに見合った配食サービスを行っております。

メイン以外にも野菜が嫌いと言う方にも、食べやすい野菜の食材を提供する様に工夫もしています。

少しでも、健康的な薬だけに頼らない食生活作りを徹底しております!

最近、よく見かけるのが食事が作れないから出前を注文する高齢者さんが増えてきています。

これでは、食生活も偏り健康的にも良くは無いですよね。

そこで、配食のふれ愛長崎市北部店ではいくら「味が薄い」と言われようが、基本的に塩分3g以下での配食サービスを展開しております!

個人個人で、お口に合わない高齢者さんもいますが

実は1番多いのが「味がしっかり染み込んでいて美味しい」と言う意見の方が圧倒的に多いんです。

濃口を配食していたら何が起きると思いますか?

・・・

直ぐに飽きられます。

そこで、やはり塩分控えめの味わい深い健康食を、高齢者さんへお届けしたいのが「配食のふれ愛長崎市北部店のモットー」なんですね!

初回1食目は無料で提供致しますが、ちょっと続けてもらえる事で今まで塩分過多な食生活をしてきていたと感じる高齢者さんもおおいんですよね。

なので、健康的な食事の提供と安否確認や困りごとがあれば、是非「配食のふれ愛長崎市北部店」を利用して頂けると嬉しいです!

それでは、ここまで読んで頂きありがとう御座いました!

配食のふれ愛長崎市北部店の近況情報でした!

配食のふれ愛長崎市北部店は病院からの紹介も頂きます!

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店です!

最近、新型コロナが猛威を奮っていますね。

長崎市も微増ながらも増加傾向です。

そんな中、長崎の病院も経営が難しいと話を聞きました。

高齢者さんの病院控えも毎日配達をいていると良く聞く事があります。

そんな高齢者さんへは、1度かかりつけの病院へ電話をして相談するように促しております。

大切なお薬が切れてしまっては、基礎疾患の治療が出来ませんしね。

体調管理も出来なくなってしまいます。

そこで、配食のふれ愛長崎市北部店では配達時に、そう言うお声掛けも大切にしております。

毎日に近い程、配達していて高齢者さんの体調やいつもと違うなとピンときたら家族や担当ケアマネへ連絡する事を当たり前に行っております。

配食のふれ愛長崎市北部店は病院からの紹介が増加

最近になって、様々な病院からの配食注文が配食のふれ愛長崎市北部店では増加しています。

今までに無かった事です。

特に多い配食内容は、「制限食」です。

医師が、配食のふれ愛長崎市北部店のパンフレットを持っている事が多く、患者さんへこのお弁当をと話される事が多いです。

特に、高齢者さんの場合「高血圧」や血液がドロドロ状態な高齢者さんが多いみたいですね!

地域柄か、長崎市の高齢者さんは塩分や砂糖を多く使用して調理する事が多い方を多く見受けられます。

なので、配食のふれ愛長崎市北部店のお弁当は基本的に普通食でも、塩分は平均3g以下に抑えて配食しております。

それを、やはり「薄いから辞める」と言う高齢者さんも実際におります。

何とか健康的な食事を基本に、基礎疾患をお薬だけの治療だけで済ませない様に心掛けているんですけどね。

なかなか難しい所です。

しかし、病院の先生からの依頼だとこれが長続きするんですね!

いくら塩分控えめの高齢者向けのお弁当でも、配食のふれ愛長崎市北部店では出汁を2度漬けする事で、奥深い味わいと硬い食材も柔らかめに調理しております。

そんな配食のふれ愛長崎市北部店をどうぞこれからも宜しくお願い致します。

そう言えば、地域包括支援センターからの配食依頼も増えてきました。

感謝しかないですね!

今までも、これからもずっと高齢者介護へ「高齢者向け配食サービス」として思う存分、携わっていきたいと思います!

ここまで読んで頂き、ありがとう御座いました!

配食のふれ愛では、高齢者さんへの声掛けを重要視しています

こんにちは!

配食のふれ愛長崎市北部店です。

今回は、配食のふれ愛では、高齢者さんへの声掛けを重要視していますについてお話していこうかと思います!

私達、配食のふれ愛長崎市北部店では健康的なお弁当を配達するのは勿論ではありますが、1番重要視している事があります。

それが、配達先の高齢者さんへの声掛けですね!

安否確認を当店では必ず実施しておりますが、高齢者向けの配食サービスってただのお弁当屋さんと考えていませんか?

それはちょっと違う側面もあるんですね!

高齢者向けお弁当を配達した際の声掛けとは?

私自身も介護福祉士やケアマネを歴任してきましたが、そんな職歴を生かす配食サービスを展開しています!

例えば、健康的な食事を提供する事は勿論ですが、安否確認の一環として高齢者さんそれぞれの個性やストレングス、どんな事に困っているのかを配達の度に感じています。

認知症が重度の方への配食もしている訳で、ただの高齢者向けお弁当屋さんではいけないと感じるからです。

今やヘルパーさんの生活援助が難しくなっている

ちょっと昔では、ヘルパーさんの人材も多く調理と言う生活援助が普通に出来ていましたが、今はヘルパーさん自体の高齢化も進み人材不足となっています。

そして、若い世代のヘルパーさんでは介護保険制度上では時間内に調理が出来ない事態が頻発しています。

そこに、透析をしている方へのタンパク調整食や糖尿病でのカロリー制限食を作るとなると相当な知識と経験、時間が必要になる訳です。

ヘルパーさんも管理栄養士である方が居れば、何とか解決出来るかもしれませんが、そうは簡単にはいきません。

それだけ、ヘルパーさんの生活援助が難しくなっている訳です。

配食のふれ愛長崎市北部店では食の確保と声掛けが当たり前です

私達、配食のふれ愛長崎市北部店では介護・医療に精通してきた配達員がお弁当を配達しています。

ここは、他の高齢者向け配食サービス事業者との大きな違いをメリットとしています。

そこでやはり気付くのが、「高齢者さんの生活環境や身体・精神状況」です。

単に安否確認とは言っても、高齢者さんが何かしら困っていないか?精神的にきつい、何かしらの精神的苦痛がお弁当を配達した際に気付ける訳です。

これは、ヘルパーさんと同じ様な役割です。

その際は、ケアマネさんや家族の方へ緊急的にお電話する事も結構あります。

それだけ、高齢者さんと会話をしていると気付くものです。

ただの高齢者向け配食サービスではないと言うのはこう言う部分ですね!

健康的な食の確保と、1番は声掛けが当たり前の配達を全ての高齢者さんへ行っております。

そんな、配食のふれ愛長崎市北部店を今後とも宜しくお願いいたします。

ご連絡、お待ちしております!